Fxニュース



16日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、方向感の乏しい展開か

2019/01/16 08:50

ドル・円予想レンジ:1ドル=107円80銭−109円80銭

 16日の東京外国為替市場のドル・円は、方向感の乏しい展開か。前日の米国株が上昇し、商品市況も堅調だったため、東京時間もリスクオンのドル買い・円売りが優勢となりそう。ただ、日経平均株価は連日の上昇で利益確定売りも出やすい。東京時間の16日早朝に英議会がEU(欧州連合)離脱案を大差で否決。市場の想定通りとして為替相場への影響も限定的だが、野党は内閣不信任案も提出しており、英政治の不透明感が意識されるようだとリスク回避の動きが強まる恐れもある。

<主な経済指標・イベント>
国内:11月機械受注、12月企業物価指数、5年物国債入札、11月第3次産業活動指数、訪日外国人客数
北米:米12月小売売上高、米12月輸出入物価指数、米11月企業在庫、米地区連銀経済報告(ベージュブック)
欧州:英12月消費者物価指数
その他:中国12月70都市新築住宅価格動向、トルコ中銀が金融政策決定会合の結果発表

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。