Fxニュース



16日の東京外国為替市場=ドル・円、108円台半ばに軟化

2019/01/16 15:02

 16日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=108円台半ばで推移している。朝方は108円台後半で推移していたが、日経平均株価が高寄り後に下落したため、リスクオフの円買いが優勢となり、ドル・円も上値が重くなった。日本時間の16日早朝には英議会がEU(欧州連合)離脱協定案を大差で否決しており、想定の範囲内として市場の反応は限定的だったものの、今晩の欧州市場を見極めたいとのムードも広がり、午後は方向感なくもみ合いとなった。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。