Fxニュース



23日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値の重い展開か

2019/01/23 08:38

ドル・円予想レンジ:1ドル=109円00銭−110円20銭

 23日の東京外国為替市場のドル・円は、上値の重い展開とみる。NY市場では、IMF(国際通貨基金)による世界経済見通しの引き下げや中国の弱い経済指標を嫌気した連休明けの米国勢によるリスク回避の動きがドル・円を押し下げた。米中通商協議が難航するとの一部報道も重し。きょうの日経平均株価は米国株安を受けて下落する見通しで、ドル・円もドル安・円高の流れを引き継ぎそう。日銀金融政策決定会合を控えており、朝方の売り買いが一巡したあとは小動きとなりそうだが、会合では金融政策の据え置きが見込まれており、無風通過との見方がある。

<主な経済指標・イベント>
国内:12月貿易統計、11月毎月勤労統計確報、日銀金融政策決定会合の結果公表と黒田東彦日銀総裁の記者会見、1月の展望リポート
その他:NZ10−12月期CPI(消費者物価指数)

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。