Fxニュース



24日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、ECB理事会を前に様子見か

2019/01/24 08:45

ドル・円予想レンジ:1ドル=109円00銭−110円00銭

 24日の東京外国為替市場のドル・円は、1ドル=109円台半ばを中心にもみ合うとみられる。

 きのうの米国時間では、NYダウが買い先行となったことを受けドル・円が一時110円ちょうど近辺まで上値を伸ばしたが、その後NYが上げ幅を縮めドル・円も下押し圧力がかかる展開となった。

 きょう東京時間で日経平均株価が買い先行となれば、ドル・円はフシ目の110円を目指す動きを強めそうだ。ただ、欧州時間にECB(欧州中央銀行)理事会とドラギECB総裁会見が控えているだけに、次第に様子見ムードが強まる公算が大きく、東京時間での110円超えはむずかしいとみられる。

<主な経済指標・イベント>
国内:20年国債入札
米国:12月CB景気先行総合指数
その他:豪12月雇用統計、ECB理事会およびドラギECB総裁会見

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。