Fxニュース



29日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、重要イベント前で動意薄の展開か

2019/01/29 08:39

ドル・円予想レンジ:1ドル=108円80銭−109円80銭

 29日の東京外国為替市場のドル・円は、動意薄の展開とみる。前日の米国株が下落したため、東京市場でもこの流れを引き継いで売りが先行すればドル・円の重しになる。ただ、29−30日のFOMC(米連邦公開市場委員会)や、30−31日の米中閣僚級貿易協議など重要イベントを前に様子見ムードが広がりやすいため、下値は限定されそう。また、米利上げ打ち止め観測の広がりに加え、米中貿易協議の進展期待の根強さがドル・円の下値を支えそうだ。

<主な経済指標・イベント>
国内:閣議、1月の月例経済報告
北米:米11月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数、米1月消費者信頼感指数

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。