Fxニュース



14日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値抵抗線を試す展開が

2019/02/14 08:44

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円30銭−111円30銭

 14日の東京外国為替市場のドル・円は、目先の上値抵抗水準として意識される200日移動平均線近辺1ドル=111円30銭を上抜けるか否かが試されそうだ。

 きのうの米国時間では、米中貿易協議の進展期待や米政府機関の再閉鎖回避への観測が強まったことから株高・金利高が進む流れとなり、ドル・円も上昇。一時年明け初の111円台に乗せた。

 きょう東京時間では、日経平均株価が買い先行で始まる公算が大きく、ドル・円は目先の上値抵抗水準として意識される200日移動平均線近辺の111円30銭まで上値を試す可能性がある。春節明け好調な中国株式市場や中国1月貿易収支にも注目したい。

<主な経済指標・イベント>
国内:10−12月期GDP(国内総生産)
米国:1月PPI(生産者物価指数)、18年11月企業在庫、18年12月小売売上高、30年物価連動国債入札
その他:中国1月貿易収支、独10−12月期GDP

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。