Fxニュース



19日の東京外国為替市場=ドル・円、110円台で推移、日銀総裁発言に反応

2019/02/19 15:06

 19日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=110円台で推移している。手掛かり材料難のなか、午前中のドル・円は日経平均株価の安寄りを受けて上値の重い展開となった。積極的なドル売り・円買いの動きもみられず、ドル・円は昼すぎにかけて110円50銭割れの水準で停滞したが、午後1時から黒田日銀総裁が衆院財務金融委員会に出席し、円高が物価に影響を与えた場合、「追加緩和を検討する」と発言。ドル・円は一時110円70銭近辺まで上昇する場面があった。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。