Fxニュース



20日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、方向感欠く展開か

2019/02/20 08:43

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円00銭−111円00銭

 20日の東京外国為替市場のドル・円は、方向感の乏しい展開とみる。前日からワシントンで再開された米中貿易協議への期待感は根強いが、協議真っ只中ということもあって寄り付き前に財務省が発表する1月貿易統計への関心も高まりやすい。対米貿易黒字には注意しておきたい。今晩の米国で公表される1月29−30日開催分のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨も様子見の材料になりそう。利上げ打ち止めが示唆された会合でもあり、要注意だ。

<主な経済指標・イベント>
国内:1月貿易統計
北米:FOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨(1月29−30日開催分)

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。