Fxニュース



22日の東京外国為替市場=ドル・円、材料難で小動きに終始

2019/02/22 15:04

 22日の東京外国為替市場でドル・円は、小動きに終始した。

 朝方1ドル=110円70銭近辺だったドル・円は、日経平均株価の売り先行を受け110円62銭まで下押し。その後は中値設定付近での国内輸入企業のドル買い・円売りや日経平均株価の下げ渋りを受けてドル・円はジリ高となり、110円80銭まで上値を伸ばした。

 東京時間は材料に乏しく、20銭を下回る狭いレンジ相場となった。

 15時現在、110円75銭となっている。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。