Fxニュース



28日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、米金利上昇背景に堅調な流れか

2019/02/28 08:47

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円40銭−111円40銭

 28日の東京外国為替市場のドル・円は、底堅い展開となりそうだ。

 きのうの米国時間では、米長期金利が上昇し日米金利差拡大からドル買い・円売り優勢の流れとなった。

 きょう東京時間では、日経平均株価が買い先行で始まればドル・円の堅調は持続しそうで、月末要因として国内輸入企業のドル買い・円売りも入りそうだ。

 一方、ベトナムで開催されている米朝首脳会談にはやや楽観ムードが感じられるが、引き続きニュースヘッドラインに気を付けたい。

<主な経済指標・イベント>
国内:1月鉱工業生産、1月商業動態統計、2年国債入札、鈴木人司日銀審議委員講演
米国:10−12月期GDP(国内総生産)、2月シカゴ購買部協会景気指数
その他:中国2月製造業PMI(購買担当者景気指数)、インド10−12月期GDP、ブラジル10−12月期GDP、台湾市場休場(−3月1日まで)

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。