Fxニュース



7日の東京外国為替市場見通し=リスクオフムード持続でドル・円下押しか

2019/03/07 08:43

ドル・円予想レンジ:1ドル=111円20銭−112円20銭

 7日の東京外国為替市場のドル・円は、やや下押し圧力が強まりそうだ。

 きのうのは、OECD(経済協力開発機構)が世界経済の成長見通しを引き下げたことを受け、リスクオフムードから米株安・米金利低下が進み、ドル・円が軟化した。

 きょう東京時間でも、日経平均株価が売り先行で始まる公算が大きく、ドル・円には引き続き下押し圧力がかかる展開となりそうだ。

 ただ、欧州時間にECB(欧州中央銀行)理事会が控えていることもあり、次第に様子見ムードが強まってくるとみられる。

<主な経済指標・イベント>
国内:2月都心オフィス空室率、1月景気動向指数、30年国債入札
米国:1月消費者信用残高
その他:豪1月小売売上高、豪1月貿易収支、ECB理事会およびドラギECB総裁会見、インドネシア市場休場

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。