Fxニュース



8日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、111円台半ばでもみ合いか

2019/03/08 08:50

ドル・円予想レンジ:1ドル=111円00銭−111円90銭

 8日の東京外国為替市場のドル・円は、1ドル=111円台半ばでもみ合いそうだ。。

 きのうの欧米時間では、ECB(欧州中央銀行)理事会が年内の利上げ見送りを決め、経済成長見通しとインフレ見通しを引き下げたことから欧州経済の減速懸念が強まり、米国も余波を受ける形で欧米金利が低下。ドル・円は下押し圧力がかかった。

 きょうの東京時間では、日米金利差縮小が意識され、ドル・円への下押し圧力は続きそうだ。一方、きょうは実質のごとおびで実需筋のドル買い・円売りがドル・円をサポートする可能性がある。また、中国2月貿易収支を受けた中国株の動向なども影響しそうだ。

 ただ、米国時間に米2月雇用統計の発表を控えていることもあり、次第に様子見ムードが強まる展開となるとみられる。

<主な経済指標・イベント>
国内:10−12月期GDP(国内総生産)改定値、2月景気ウオッチャー調査、メジャーSQ(特別清算指数)算出
米国:2月雇用統計、1月住宅着工件数
その他:中国2月貿易収支

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。