Fxニュース



11日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値重い展開か

2019/03/11 08:41

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円80銭−111円80銭

 11日の東京外国為替市場で、ドル・円は上値の重い展開とみる。1ドル=111円ちょうど近辺での推移となりそうだ。前週末のNY時間は米2月雇用統計で非農業部門雇用者数が市場予想を大きく下回ったことからドル・円は一時1ドル=111円を割り込んだ。平均時給や失業率が良好な水準だったため下げ一巡後はドル買いが優勢となったものの、世界的な景気減速懸念が強まる中、きょうの米1月小売売上高への関心も高まっており、積極的なドル買い・円売りの動きはみられそうにない。

<主な経済指標・イベント>
国内:特になし
北米:米1月小売売上高、米12月企業在庫、米3年物国債入札、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が講演
その他:トルコ10−12月期GDP(国内総生産)

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。