Fxニュース



13日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値の重い展開か

2019/03/13 08:36

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円80銭−111円80銭

 13日の東京外国為替市場のドル・円は、上値の重い展開とみる。英議会がEU(欧州連合)離脱修正案を大差で否決した。きょうは「合意なき離脱」の是非を問う採決があり、これが否決されても、14日にはEU離脱延期の是非を問う採決が控える。引き続き警戒が必要だ。米国では2月CPI(消費者物価指数)が市場予想を下回り、FRB(米連邦準備制度理事会)による政策金利の据え置き観測も強まっている。目先、日米金利差縮小を見込んだドル売り・円買いや、リスクオフの動きがドル・円の上値を圧迫しそうだ。

<主な経済指標・イベント>
国内:2月企業物価指数、1月機械受注統計、1月第3次産業活動指数
北米:米2月卸売物価指数、米1月耐久財受注額、米1月建設支出
欧州:ユーロ圏1月鉱工業生産

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。