Fxニュース



22日の東京外国為替市場=ドル・円、110円台後半でもみ合い

2019/03/22 15:03

 22日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=110円台後半でもみ合った。。

 朝方1ドル=110円70銭台だったドル・円は、日経平均株価の買い先行を受け一時110円89銭まで上値を伸ばしたが、日経平均株価が上げ幅を縮めマイナス転換するとドル・円も軟化し、110円65銭まで値を下げた。その後はEU(欧州連合)首脳会議で英国のEUからの離脱を4月以降に延期することで合意に達したと報じられた他、日経平均の下げ渋りを背景にドル・円は持ち直し。

 午後に入り、日経平均がさらに下げ幅を縮める展開と相まってドル・円はジリ高歩調となり一時110円84銭まで値を戻した。日経平均は最終的には小反発。ドル・円は底堅かった。

 15時現在、110円80銭となっている。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。