Fxニュース



25日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、軟調推移か

2019/03/25 08:45

ドル・円予想レンジ:1ドル=109円50銭−110円50銭

 25日の東京外国為替市場で、ドル・円は軟調推移とみる。前週末の海外時間には、ドイツやフランス、米国の3月PMI(製造業購買担当者景況指数)がそろって市場予想を下回り、世界的な景気減速懸念が広がって欧米株が急落。為替市場でもリスク回避のドル売り・円売りが強まり、ドル・円は一時1ドル=110円を割り込んだ。週明けの日経平均株価も下落が予想され、為替市場でもこの流れを引き継ぎそう。目先は前週末の米国時間に付けた109円75銭近辺が意識される。

<主な経済指標・イベント>
国内:1月全産業活動指数
北米:米2月シカゴ連銀全米活動指数、エバンス米シカゴ連銀総裁が講演、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁が講演、米アップルがスペシャルイベントを開催
欧州:独3月Ifo企業景況感指数

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。