Fxニュース



26日の東京外国為替市場=ドル・円、米1−3月期GDP発表を控え小動き

2019/04/26 15:03

 26日の東京外国為替市場でドル・円は上値の重い展開となった。

 朝方、1ドル=115円50銭近辺だったドル・円は、中値決済に向け大口のドル買い・円売りが出たと伝わったことをきっかけに個人投資家らのドル買い・円売りも散見され、一時111円77銭まで上値を伸ばした。その後はユーロや新興国通貨の下げが嫌気され、ドル・円は軟化した。

 午後に入り、日経平均株価の下げ渋りを背景にドル・円は小動きに。米1−3月期GDP(国内総生産)速報値や、日米首脳会談を前に次第に様子見ムードが広がった。

 15時1分現在、111円69銭となっている。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。