Fxニュース



7日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値重い展開か

2019/05/07 08:34

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円20銭−111円20銭

 7日の東京外国為替市場で、ドル・円は上値の重い展開とみる。トランプ米大統領が5日、中国からの輸入製品に課す関税を10日から10%から25%に引き上げると表明した。外国為替市場では1ドル=110円30銭近辺まで下落したあと下げ渋っており、ほぼ織り込まれたとの見方があるものの、米中貿易協議に対する不透明感が意識される中で10連休明けの日経平均株価は調整する公算が大きく、ドル・円もリスクオフの円買いが優勢となりそうだ。

<主な経済指標・イベント>
国内:中西経団連会長の記者会見
北米:米3月消費者信用残高、カプラン米ダラス連銀総裁が討議に参加
その他:豪3月小売売上高、豪中銀理事会の結果発表、マレーシア中銀が政策金利を発表

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。