Fxニュース



21日の東京外国為替市場=ドル・円、110円台前半で推移

2019/05/21 15:05

 21日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=110円台前半で推移している。国内輸入企業によるドル買い・円売りが観測され、ドル・円は強含みの展開となった。RBA(豪準備銀行)が公表した5月理事会の議事要旨では利下げ観測が強まって豪ドルが売られ、ドル・円の上値も重くなったが、上海総合指数の上昇に加え、米株価指数先物や時間外での米長期金利の上昇などを背景にドル・円は底堅く推移した。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。