Fxニュース



22日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、底堅い展開か

2019/05/22 08:43

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円00銭−111円00銭

 22日の東京外国為替市場のドル・円は、底堅い展開とみる。米国が中国の華為技術(ファーウェイ)に対する禁輸措置の一部に猶予を設けると発表したことでリスクオフの動きがやや後退している。前日の米国株高を受けてきょうの日経平均株価も上昇が見込まれており、東京時間のドル・円はしっかりした展開が見込めそうだ。とはいえ、米中通商協議に進展はなく、ドル・円の上値は限られるだろう。日本時間のあす未明に米国でFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨の公表を控えていることもあり、積極的に買い上がるような展開は想定しにくい。

<主な経済指標・イベント>
国内:4月貿易統計、3月機械受注
北米:ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁がパネル討議に参加、ボスティック米アトランタ連銀総裁とカプラン・ダラス連銀総裁が講演、4月30日−5月1日開催分のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨
その他:マレーシア市場が休場

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。