Fxニュース



22日の東京外国為替市場=ドル・円、110円台前半で推移

2019/05/22 15:06

 22日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=110円台前半で推移している。米中貿易摩擦への過度の懸念が後退する中、序盤は利益確定目的のドル売りをこなしつつ底堅く推移し、午前10時すぎには110円60銭近辺まで上昇した。ただ、追加の手掛かり材料難で次第に上げ幅を縮小。日経平均株価が一時下げに転じるなど伸び悩んだこともあり、ドル・円の上値も重くなった。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。