Fxニュース



27日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、109円台で動意薄か

2019/05/27 08:45

ドル・円予想レンジ:1ドル=109円00銭−110円00銭

 27日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=109円台半ばを中心に動意薄とみる。前週末は低調な米経済指標が嫌気されてドル売り・円買いが優勢となり、109円台前半まで下落した。東京時間に注目したい経済指標の発表がないが、きょうは安倍首相とトランプ米大統領の首脳会談があり、午後に共同記者会見が開かれる。通商問題に触れるようなことがあればドル・円にも影響するだろう。ただ、米国市場やロンドン市場が休場ということもあり、全体的には小動きに終始しそうだ。

<主な経済指標・イベント>
国内:日米首脳会談、黒田日銀総裁がT20サミットであいさつ、3月景気動向指数改定値
アジア:中国4月工業企業利益
北米:米全市場が休場、クラリダFRB(米連邦準備理事会)副議長が発言
欧州:ロンドン市場が休場

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。