Fxニュース



5日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、底堅い展開か

2019/06/05 08:49

ドル・円予想レンジ:1ドル=107円80銭−108円80銭

 5日の東京外国為替市場のドル・円は、底堅い展開とみる。パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が4日の講演で利下げの可能性を示唆しており、積極的なドル買いは期待しにくい。とはいえ、前日にブラード米セントルイス総裁の講演で強まった利下げ観測がさらに強まるような内容でもなく、米債券市場では長期債利回りが上昇した。利下げによる景気下支えも期待され、金融市場全体としてはややリスクオンのムード。日本株でも米国株高を背景に上昇が見込まれており、日経平均株価が堅調に推移すればドル・円もしっかりした展開となりそうだ。

<主な経済指標・イベント>
国内:特になし
北米:米5月ADP雇用統計、米5月ISM非製造業景況感指数、米地区連銀経済報告(ベージュブック)ボスティック米アトランタ連銀総裁がフォーラムに参加、クラリダFRB副議長があいさつ、ローゼングレン米ボストン連銀総裁がパネル討議に参加
中国:5月財新メディア非製造業PMI
欧州:ユーロ圏4月小売売上高、ポーランド中銀が政策金利発表
その他:豪1−3月期GDP、インド、フィリピン、シンガポール、マレーシア、インドネシア市場が休場

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。