Fxニュース



6日の東京外国為替市場=ドル・円、さえない日経平均にツレ安

2019/06/06 15:08

 6日の東京外国為替市場でドル・円は、ジリ安歩調を強めた。

 米国とメキシコの不法移民流入問題を巡る協議で合意が見送られたことを受けオセアニア時間でドル売り・円買い優勢の流れだったが、東京時間序盤にドル売りが一服。東京株式市場寄り付き前から反発し、日経平均株価が買い先行で始まるとドル・円は一時1ドル=108円40銭まで上値を伸ばした。

 その後は米長期金利が時間外取引で低下し、ドル・円はジリ安歩調を強めた。午後に入り、日経平均が伸び悩みからマイナス圏に転じると、引け間際にドル・円は108円10銭まで下押しした。

 15時現在、108円13銭となっている。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。