Fxニュース



7日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、米メキシコ協議の展開に注意

2019/06/07 08:46

ドル・円予想レンジ:1ドル=108円00銭−109円00銭

 7日の東京外国為替市場のドル・円は、108円台半ばでもみ合う展開か。

 きのうの米国時間は、米政権がメキシコへの関税発動を先延ばしする可能性が伝わったことなどを材料にリスク回避姿勢が後退。為替ではドル買い・円売りが進み、米株式は上昇した。

 きょう東京時間で、日経平均株価が買い優勢となれば、ドル・円は底堅く推移しそうだ。一方、東京時間の最中、米国とメキシコの高官協議が行われる。移民や関税の問題で合意できるか、不調に終わるか、ニュースヘッドラインに為替相場が反応しやすくなる点には注意したい。

<主な経済指標・イベント>
国内:4月景気動向指数
米国:5月雇用統計、4月消費者信用残高
その他:ブラジル5月拡大消費者物価指数、中国・香港・台湾市場休場

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。