Fxニュース



14日の東京外国為替市場=ドル・円、108円台前半で推移

2019/06/14 15:05

 14日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=108円台前半で推移している。米国とイランの関係悪化懸念がドル・円の上値を抑える一方、日経平均株価の上昇を背景に下値も限定的で、全体的に動意薄の展開。国内輸入企業によるドル買い・円売りも観測されたが、ドル・円の上値は重かった。米中の小売売上高など重要経済指標の発表前で、来週のFOMC(米連邦公開市場委員会)や月末のG20(20カ国・地域)サミットなど重要イベントも控えており、見送りムードが強かった。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。