Fxニュース



5日の東京外国為替市場=ドル・円小動き、米6月雇用統計控え様子見ムードに

2019/07/05 15:02

 5日の東京外国為替市場でドル・円は、米6月雇用統計の発表を控えていることから終始様子見ムードとなり、1ドル=107円80銭台を中心に小動きとなった。

 朝方、107円80銭近辺だったドル・円は、日経平均株価の買い先行や5・10日(ごとおび)に伴う国内輸入企業からのドル買い・円売りにサポートされた。も一時ツレ安となったが、中値設定に向けては5・10日(ごとおび)に伴う国内輸入企業からのドル買い・円売りにサポートされた。ただ、実需筋の取引が一服すると、その後は動意薄。日経平均株価が一時マイナス転換し、ドル売り・円買いに転じる場面もあったが、株式市場の取引時間中のドル・円は値幅12銭の小動きにとどまった。

 15時現在、107円88銭となっている。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。