Fxニュース



18日の東京外国為替市場=日経平均大幅安につれドル・円下押し

2019/07/18 15:01

 18日の東京外国為替市場は、日米株安の軟調地合いを背景にドル売り・円買い優勢の展開となった。

 朝方、1ドル=107円90銭近辺だったドル・円は、日経平均株価の朝寄り安から下げ幅を広げる動きにツレて下押し。時間外取引で米株価指数先物が値を下げたことも重しとなった。その後、堅調な豪6月雇用統計を受け豪ドル・円が上昇するのにつれて、ドル買い・円売りが入る場面もあったが、戻りは弱く、日経平均が一段安となるのを背景に、ドル・円は107円70銭近辺での小幅なもみ合いとなった。

 15時現在、107円68銭となっている。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。