Fxニュース



30日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、108円台後半で小動きか

2019/07/30 08:33

ドル・円予想レンジ:1ドル=108円50銭−109円20銭

 30日の東京外国為替市場のドル・円は、1ドル=108円台後半で小動きとみる。基本的には31日のFOMC(米連邦公開市場委員会)の結果公表を控えた見送りムードの中、方向感の乏しい展開が予想される。ただ、きょうは日銀金融政策決定会合もある。金融政策は現状維持が見込まれているが、フォワードガイダンスが延長されるとの見方もあり、結果が公表される昼ごろにかけては神経質な展開となりそうだ。延長となれば円安に振れる可能性もある。

<主な経済指標・イベント>
国内:6月失業率、6月有効求人倍率、6月鉱工業生産、日銀金融政策決定会合の結果公表、7月の展望リポート、黒田東彦日銀総裁が記者会見
北米:米6月個人所得・個人支出、米5月S&Pコアロジック・ケース・シラー米住宅価格指数、米7月消費者信頼感指数、米6月仮契約住宅販売指数
その他:豪6月住宅着工許可件数、マレーシア市場が休場

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。