Fxニュース



1日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値の重い展開か

2019/08/01 08:46

ドル・円予想レンジ:1ドル=108円10銭−109円10銭

 1日の東京外国為替市場のドル・円は、上値が重い展開が予想される。

 きのう米国時間のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、大方の予想通り10年半ぶりの利下げが決まった。ただ、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が「長期的な利下げ局面に入ったわけではない」と発言したことから、米株安が進んだものの、ドル・円は一時1ドル=109円まで上値を伸ばす場面があった。

 きょう東京時間では、日経平均株価が売り先行で始まり、ドル・円の上値を抑えるとみられる。

 一方、きょうは雨宮正佳日銀副総裁に発言機会がある。日銀金融政策決定会合、FOMC通過直後の高官発言となるだけに、相場への反応に気を付けたい。

<主な経済指標・イベント>
国内:7月自動車販売台数、10年国債入札、雨宮正佳日銀副総裁が鹿児島県金融経済懇談会であいさつ
米国:7月ISM製造業景況指数、6月建設支出
その他:BOE(英国中央銀行)金融政策委員会

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。