Fxニュース



2日の東京外国為替市場=ドル・円、107円台前半で推移

2019/08/02 15:03

 2日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=107円台前半で推移している。米中通商協議の激化懸念からリスク回避のドル売り・円買いが優勢となった。日本時間の朝方には前日の米国時間に1円以上も円高が進んだ反動もあってドルが買い戻される場面もあったが、日経平均株価の急落を背景にドル・円も下値を模索。午前10時すぎに107円を割り込んだ。米7月雇用統計の発表を控えていることもあり、その後は107円ちょうど近辺でもみ合うなど小動きとなった。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。