Fxニュース



6日の東京外国為替市場=人民元高設定を機に、ドル・円急伸

2019/08/06 15:01

 6日の東京外国為替市場でドル・円は、一時2日ぶりに1ドル=107円を付ける水準まで上昇した。

 朝方、1ドル=105円50銭近辺だったドル・円は、日経平均株価の朝寄り安を織り込み小動きスタート。中値決済に向けては、国内輸出企業からのドル買い・円売りが入った。その後、中国人民銀行が人民元の対ドル基準値を1ドル=6.9683元に設定。前日より元安・ドル高の設定となったことから、米中対立激化の見方が和らぎ、リスクオフムードが後退した。

 午後に入り、日経平均株価が下げ渋ったほか、時間外取引でNYダウ先物が元高を受け踏み上がる形で上昇したこともあり、ドル・円は一時107円08銭まで上値を伸ばした。その後は、一部利益確定売りも入り、やや軟化した。

 15時現在、106円67銭となっている。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。