Fxニュース



7日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、人民元の対ドル基準値設定を受けた動きに注目

2019/08/07 08:45

ドル・円予想レンジ:1ドル=105円90銭−106円90銭

 7日の東京外国為替市場のドル・円は、もみ合う流れか。

 6日は米中通貨安戦争への警戒感がいったん後退し、米株式市場は買い戻し優勢となり、ドル・円をサポートした。ただ、米長期金利が低水準であったこともあり、戻りは限られた。

 きょう東京時間も、前日の米株高の流れから日経平均株価が買い先行で始まれば、ドル買い・円売りに傾きそうだ。引き続き注意しておきたいのは、中国人民元の対ドル基準値。元高方向の設定となればドル・円をサポートしそうだが、中国当局が元安を容認しているとの見方が再浮上するれば、リスクオフの流れが強まるので気を付けたい。

<主な経済指標・イベント>
国内:7月29−30日開催の日銀金融政策決定会合の「主な意見」、JPX日経400の定期銘柄入れ替え発表
米国:6月消費者信用残高、10年国債入札
その他:ニュージーランド準備銀行、インド準備銀行、タイ中央銀行でそれぞれ金融政策決定会合

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。