Fxニュース



日経平均が反発スタート、米国株の反発や為替相場の落ち着きなどで買い先行=27日寄り付き

2019/08/27 09:04

 27日の日経平均株価は、前日比206円18銭高の2万467円22銭と反発してスタート。現地26日の米国株式は、トランプ米大統領が中国との貿易交渉について、閣僚級による協議を再開すると表明したことを受け、NYダウ、ナスダック総合指数がともに反発。きのう26日に下げ渋る動きとなったことや、為替市場でドル・円相場が落ち着いた動きとなっていることもあり、買いが先行したようだ。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、26日の大阪取引所終値比240円高の2万540円だった。

 東京外国為替市場は午前9時2分時点で、1ドル=106円前後(26日終値は1ドル=105円73−75銭)、1ユーロ=117円台の半ば(同117円58−62銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。