Fxニュース



28日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、方向感の乏しい展開か

2019/08/28 08:37

ドル・円予想レンジ:1ドル=105円20銭−106円20銭

 28日の東京外国為替市場のドル・円は、1ドル=105円台後半を中心に方向感の乏しい展開とみる。前日の米国市場では一時106円台を回復する場面があったものの、手掛かり材料難でドル買いの動きは続かず、米国株の失速も嫌気されて伸び悩んだ。米中通商協議に関する発言が米中双方で食い違っており、期待感がやや後退したようだ。きょうも日本時間は材料が乏しく、国内外の株式市場や時間外での米金利の動きをにらみながら神経質な展開が予想される。

<主な経済指標・イベント>
国内:アフリカ開発会議(TICAD7、30日まで)、韓国を輸出管理の優遇対象国から除外
北米:バーキン米リッチモンド連銀総裁が講演、米5年物国債入札

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。