Fxニュース



日経平均は10円程度高、為替相場の落ち着きや時間外取引での米株価先物高が支え=28日寄り付き

2019/08/28 09:24

 28日午前9時21分すぎの日経平均株価は、前日比10円程度高の2万470円前後で推移する。午前9時3分時点には、同41円11銭高の2万497円19銭を付けている。きのう27日は、戻り待ちの売りに押される格好となり上値が重い展開で、現地27日の米国株式が反落したものの、為替相場の落ち着きや時間外取引で米株価指数先物が上昇していることなどが、支えとなっているようだ。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、27日の大阪取引所終値比5円安の2万415円だった。

 業種別では、三井不 <8801> 、三菱地所 <8802> などの不動産株や、凸版 <7911> 、任天堂 <7974> などのその他製品株が上昇。王子HD <3861> 、日本紙 <3863> などのパルプ紙株や、帝人 <3401> 、東レ <3402> などの繊維株も高い。JR東日本 <9020> 、JR東海 <9022> などの陸運株や、クレセゾン <8253> 、オリックス <8591> などのその他金融株も堅調。大和証G <8601> 、野村 <8604> などの証券株や、NTTドコモ <9437> 、ソフバンG <9984> などの情報通信株も上げている。

 個別では、ランド <8918> 、有沢製 <5208> 、サニックス <4651> 、アイル <3854> 、マイネット <3928> などが上昇。半面、巴川紙 <3878> 、SMN <6185> 、日総工産 <6569> 、トレファク <3093> 、インソース <6200> などが下落している。

 東京外国為替市場は午前9時21分時点で、1ドル=105円台の後半(27日終値は1ドル=105円73−75銭)、1ユーロ=117円台の前半(同117円46−50銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。