Fxニュース



9月2日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値の重い展開か

2019/09/02 08:47

ドル・円予想レンジ:1ドル=105円80銭−106円80銭

 9月2日の東京外国為替市場で、ドル・円は上値の重い展開とみる。前日に米政府が中国への追加関税「第4弾」を発動。中国側も報復措置を表明した。予定通りではあるものの、改めて米中貿易摩擦の激化懸念が上値を抑えそう。きょうは米国市場が休場となるため手掛かり材料は乏しいが、中国では8月財新メディア製造業PMI(購買担当者景気指数)があり、景気減速を示すような結果となればより一層、貿易摩擦への警戒感が強まるとみられる。

<主な経済指標・イベント>
国内:4−6月期の法人企業統計
アジア:中国8月財新メディア製造業PMI
米国:レーバー・デーの祝日で米全市場が休場
その他:マレーシア、インド、ベトナム市場が休場


◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。