Fxニュース



3日の東京外国為替市場=ドル・円、106円台前半で推移

2019/09/03 15:03

 3日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=106円台前半で推移している。午前中は時間外で米金利が上昇し、日経平均株価も堅調に推移したことから、ドル買い・円売りが支えた。ただ、午後に日経平均が伸び悩んだためドル・円も上値が重くなった。一方、ユーロ・円は1ユーロ=116円50銭近辺と、約2年4カ月ぶりの安値を付けた。ECB(欧州中央銀行)が12日の理事会においてマイナス金利の深掘り(利下げ)に踏み切るとの見方が広がり、対主要通貨でユーロ売りが加速した。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。