Fxニュース



6日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値限定的か

2019/09/06 08:37

ドル・円予想レンジ:1ドル=106円30銭−107円50銭

 6日の東京外国為替市場で、ドル・円は底堅い推移が見込まれるものの、上値も限定的とみる。強い米経済指標に加え、米中通商協議の再開期待で前日の米国市場はリスクオンの流れを引き継いだが、すでに5日の東京市場である程度は織り込み済み。進展するか否かは今後の協議次第であり、現時点で積極的に上値を追うような展開は想定しづらい。今晩の米国では8月雇用統計の発表を控えており、様子見ムードが広がりやすく、朝方の売り買いが一巡したあとは株式市場をにらみながらの展開となりそうだ。

<主な経済指標・イベント>
国内:7月家計調査、7月毎月勤労統計速報値、8月上中旬の貿易統計、7月の景気動向指数速報値
米国:米8月雇用統計
その他:ロシア中銀が政策金利を発表

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

※ニュースの中に同一のキーワードを含むなど、関連度の高い順に他のニュースを表示しています。