文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

出版物のご紹介

30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと アマゾンへ 1つでもあてはまる人、必読!!
投信運用の新常識
アマゾンへ

 投資信託の第三者評価機関モーニングスター代表取締役COO朝倉智也が、働きざかりのビジネスパーソンに向けて書き下ろした最新刊です。
 リーマンショックを機に世界経済が大きな転換点を迎え、従来の「長期に資産運用の常識」はもはや通用しなくなりました。本書では従来の資産運用の常識をくつがえすポートフォリオを提案します!

特長1 モーニングスタートップによる投資指南
特長2 従来の常識をくつがえすまったく新しいポートフォリオの提案
特長3 3000本のファンドの中から自分にぴったりの1本を見つけられる
特長4 モーニングスターホームページの読みこなし方がわかる
アマゾンへ
◆ コンテンツ

第1章 私たちの不安の正体――このままでは、国と共倒れ!?

  1. やっぱり危ない、私たちの年金
  2. 私たちは、知らない間に国債まみれになっている
  3. 変わりつつある世界の経済地図

第2章 “自分年金”運用のキーワード、「新興国」と「金」

  1. これからの資産運用を考える際のキーワード(1)――新興国
  2. これからの資産運用を考える際のキーワード(2)――金
  3. 運用の目的から目標を設定しよう
  4. “自分年金”をつくるのに最適な資産配分とは

第3章 失敗しない投信選び

  1. 投信を「しっかり選ぶ」ことが大切な理由(1)――人気商品の落とし穴
  2. 投信を「しっかり選ぶ」ことが大切な理由(2)――同じ「アジア」でも中身はさまざま
  3. インデックスか、アクティブか?
  4. 先進国の株式で運用する投信を選んでみよう
  5. 新興国の株式で運用する投信を選んでみよう
  6. 債券で運用する投信を選んでみよう
  7. 金に投資するには、どんな方法がある?
  8. 1万円、2万円、3万円でできる積立コース

第4章 運用期間中のポートフォリオのメンテナンス

  1. チェックは年1度。運用報告書を読み込む必要はない。
  2. ポートフォリオのバランスが崩れたらリバランスしよう
  3. 「儲かりそうな話」につられてはいけない
  4. くじけそうになったときのために知っておきたい「価格下落のメリット」

ページの先頭へ戻る