朝倉智也 新刊のご案内

一生モノのファイナンス入門 一生モノのファイナンス入門

ファイナンスがわかると会社の未来を語れる人材になれる!
経営と財務の超プロが基本のキからわかりやすく解説します!

あなたの市場価値を高めるファイナンスの基本がわかる!
ファイナンスはビジネスにも人生にも役立つ一生モノの知識
財務3表の読み方から、割引率 、現在価値 、将来価値 、期待リターン、資本コスト(WACC)、 内部収益率(IRR)、買収価値産出方法までファイナンス理論の基本が一気にわかる!

モーニングスター株式会社 代表取締役 朝倉智也

目次紹介

はじめに
ファイナンスの知識がないと生き残っていけないという危機感
ファイナンスを学ぶことがなぜ仕事に役立つのか、どうしてキャリアアップにつながりやすいのか、ファイナンスの勘所をどうやって押さえればよいのかを詳しく解説していきます。
第1章
ファイナンスの知識があなたの武器になる
企業の価値を過去の数字だけで見るのと、将来性に目を向けるのとでは、就職先や投資先の判断にも大きな違いが生まれます。 ファイナンスは、ビジネスでもプライベートでも役立つ「一生モノ」の知識になります。
第2章
ファイナンスを理解するために必要な会計の基本
ファイナンスを学んで「企業の未来」を語れるようになるには、まずその前提となる「企業の過去・現在の状況を正しく把握する力」をつける必要があります。そこで本章では、「企業の過去・現在」を示す財務3表を読み解くポイントをご紹介します。
第3章
あなたの市場価値を高めるファイナンスの基礎知識
これからのビジネスパーソンが第一線で活躍していくには、あらゆる仕事にファイナンスの考え方を持ち込み、過去のデータから将来を予測して「投資すべきビジネス」を見極め、「企業価値向上」を目指す高い視座が求められるようになるでしょう。 みなさんには、ぜひこの章でファイナンスの知識を身につけていただき、「企業価値向上重視型」のビジネスパーソンになっていただきたいと思います。
第4章
ファイナンスがわかればプライベートでもこれだけ差がつく!
本章では、家計全体の戦略を考え、その向上を目指すためのファイナンスの知識の活かし方に加え、人生においても特に大きな買い物と言われる「住宅」に関する注意点、資産の運用方法など、家計改善の重要なポイントも合わせてご説明していきたいと思います。
おわりに
資本には「人的資本」と「金融資産」の2つがある
資産が「人的資本」と「金融資産」から成ると見た場合、若い方にとってより重要なのは「いかに人的資本を大きくするか」です。人的資本を大きくして収入を増やしていくことのほうが、人生を豊かにするという点ではより大きな意味を持つと考えられるからです。

著者紹介

モーニングスター株式会社 代表取締役 朝倉智也

モーニングスター株式会社
代表取締役社長
朝倉 智也

1989年慶應義塾大学卒。銀行、証券会社にて資産運用助言業務に従事した後、95年米国イリノイ大学経営学修士号取得(MBA)。同年、ソフトバンク株式会社を経て、98年モーニングスター株式会社設立に参画し、2004年より現職。
第三者の投信評価機関として、常に中立的・客観的な投資情報の提供を行い、個人投資家の的確な資産形成に努める。資産運用にかかわるセミナー講師を多数務め、各種メディアにおいても、個人投資家への投資教育活動を行う。
主な著書に『30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと』(ダイヤモンド社)『低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー』(朝日新聞出版)『新版 投資信託選びでいちばん知りたいこと』(ダイヤモンド社)『図解 はじめての投資信託』(学研パブリッシング)がある。

Twitter:http://twitter.com/tomoyaasakura
Facebook:
http://www.facebook.com/tomoyaasakura

ページの先頭へ戻る

Copyright© Morningstar Japan K.K.All rights reserved.