朝倉智也 新刊のご案内

ものぐさ投資術「定額積み立て分散投資」入門 ものぐさ投資術「定額積み立て分散投資」入門

銘柄選びも、株価チェックも、すべて不要の投資術があった!

投資は、怖いもの、難しいもの、面倒くさいものだと思っている方、必読の書。明るい展望がなかなか描けない昨今の日本。「将来のために投資をしたほうがいいのかな」と思い始めたけれど、知識も時間もないし、投資ってちょっと怖そう……。そんなふうに投資に対して苦手意識を持っている人は多いはず。

本書では、お金と投資への不安を払拭すべく、手間をかけずに果実を得るための「ものぐさな手法」を、投資信託の中立的な評価機関であるモーニングスター代表を務める著者が徹底解説。
ポイントは、「一定額の積み立て投資をする」「世界の資産に分散投資をする」「5〜10年以上の長期運用をする」の3つです。

日本人の投資に対する固定観念をひっくり返す「心穏やかな資産形成術」を習得すれば、不必要に心を乱されることもなく、効率的にお金は増やせる可能性が広がります。

目次紹介

はじめに
「日々の生活こそが大切だ」という人は、
心が乱されない「ものぐさ投資」を
本書では、最近投資に興味を持ち始めた方でもすぐに始められる「できるだけ時間をかけずに、不必要に心を乱されることもなく、効率的にお金を増やせる投資術」の理由と具体的な手順を紹介していきます。
第1章
どうして今、「投資」を考えたほうがいいのか
少子高齢化による年金不安、にもかかわらず実質金利がマイナスであるために目減りしてしまう預貯金、この先も続く?消費増税……。今の日本では、昔と違って貯金や保険だけでは将来の備えは万全ではありません。一方で世界の経済は長期的には成長を続けています。では、どうすべきか。本章では様々な視点から、投資について今しっかりと考えるべき理由に迫ります。
第2章
もう悩みは無用!「ものぐさ投資」の考え方
放っておいてもお金は増えない時代だからこそ、安定した投資の手法――定額積み立て投資を学ぶ必要があります。なぜ今、定額積み立て投資が有効なのか、相場の上下に一喜一憂する必要がないのはどうしてなのか。その驚きのカラクリを初歩の初歩からわかりやすく紹介します。
第3章
投資の誤解を解く――危なくない、怖くない、難しくない
「そもそも投資ってギャンブルじゃないの?」「やっぱり相場を読まなきゃダメ?」「プロに任せれば大丈夫?」など、投資初心者が陥りがちな誤解はいくつもあります。ものぐさ投資を始めるにあたってこれだけは知っておきたい最低限のポイントを身に着けましょう。
第4章
ゼロからわかる「投資信託」の仕組みと選び方のポイント
ものぐさ投資の2つのポイント――「定額積み立て投資」と「世界の資産に分散投資」の両方を可能とする「投資信託」について、基本的な知識から判断の指標となるチェックポイントまで詳細に解説します。
第5章
現役世代もリタイア世代もこれでOK!「ものぐさ投資」を始めよう
ものぐさ投資術の本質を理解した後は、実際に始めるだけです。資産の割り振り方、個別のファンドの選び方を具体的にわかりやすく紹介! これだけ押さえれば失敗しない「ものぐさ投資」の始め方を、モデルケースごとに見ていきましょう。
第6章
ものぐさ投資家が知っておくべき「続け方」「メンテナンス法」「売り方」
ものぐさ投資を始めた後は、このような点に気をつけておけば大丈夫。本章では、ものぐさ投資を続けて成功するための心構えと注意すべきポイントを、判断すべき場面別に説明していきます。
おわりに
正しい知識があれば「ものぐさ」になれる
実は、「ものぐさ投資術」を学ぶことは、投資の正しい知識を手にすることに他なりません。ものぐさ投資を実践して、ビジネスパーソンとしての自らの価値も高めつつ、資産も形成して、心豊かな生活を手に入れましょう!

著者紹介

モーニングスター株式会社 代表取締役 朝倉智也

モーニングスター株式会社
代表取締役社長
朝倉 智也

1989年慶應義塾大学卒。銀行、証券会社にて資産運用助言業務に従事した後、95年米国イリノイ大学経営学修士号取得(MBA)。同年、ソフトバンク株式会社を経て、98年モーニングスター株式会社設立に参画し、2004年より現職。
第三者の投信評価機関として、常に中立的・客観的な投資情報の提供を行い、個人投資家の的確な資産形成に努める。資産運用にかかわるセミナー講師を多数務め、各種メディアにおいても、個人投資家への投資教育活動を行う。
主な著書に『30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと』(ダイヤモンド社)『低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー』(朝日新聞出版)『新版 投資信託選びでいちばん知りたいこと』(ダイヤモンド社)「一生モノのファイナンス入門」あなたの市場価値を高める必修知識がある。

Twitter:http://twitter.com/tomoyaasakura
Facebook:http://www.facebook.com/tomoyaasakura

ページの先頭へ戻る

Copyright© Morningstar Japan K.K.All rights reserved.