クローズアップファンド特集

クローズアップファンド特集

高評価ファンドを「クローズアップ」
−今後の資産運用に活用を!−

日本では2014年のNISA(少額投資非課税制度)開始、2017年のiDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者範囲拡大、2018年のつみたてNISA開始と非課税制度の選択肢が増えたことで、資産運用に関心を持った投資家も多いだろう。しかし、実際に資産運用を始めるにあたり、どのようなファンドを選んだらいいのかわからないと悩む投資家もいるのではないだろうか。「クローズアップファンド特集」では、優秀な運用成績を残したファンドの中でも特にモーニングスターレーティングで高評価を獲得したファンドを紹介したい。

モーニングスターレーティング とは、リスクを加味したリターンがモーニングスターカテゴリーの中で相対的にどこに位置するか、1ツ星から5ツ星までの5段階でランク付けしたものだ。星の数が多いほど過去の運用成績が良かったことを示している。2018年5月末時点に5ツ星を獲得したファンド(確定拠出年金専用、ファンドラップ専用、ETF除く)は、2019年5月末時点でも約80%が4ツ星以上を獲得しており、好成績を維持するファンドが多い(図表1参照)。ただし、1年に1度は保有ファンドのモーニングスターレーティングを確認し、大きく下がるようであればポートフォリオの見直しも検討する必要がある。

図表1:1年前に5ツ星を獲得していた
ファンドのレーティング動向

図表1:1年前に5ツ星を獲得していたファンドのレーティング動向
※対象は2018年5月末時点で5ツ星を獲得したファンド
※モーニングスターレーティングは2019年5月末時点
※未付与は、カテゴリー内でレーティング対象のファンドが10本未満となったため、付与対象外となったファンド
出所:モーニングスター作成

投資先進国である米国では、モーニングスターレーティングで高評価を獲得したファンドに資金が流入する傾向が強く、米国におけるモーニングスターレーティング別資金流出入(ETF除く)を暦年で見ると、2015年〜2018年は4年連続で5ツ星、4ツ星がそれぞれ流入超過、3ツ星、2ツ星、1ツ星はそれぞれ流出超過となっており、高レーティングファンドが選好される傾向が顕著となっている。

一方、日本では国内ファンドのモーニングスターレーティング別資金流出入を見ると、2013年5月時点では高評価を獲得したファンドに必ずしも資金が流入しているわけではなかった。しかし、2019年5月の資金流出入では4ツ星以上が875億円の流入超過、2ツ星以下が433億円の流出超過となり、日本の投資家も優れた運用成績に着目してファンドを選ぶ傾向が徐々に表れるようになってきた(図表2参照)。高評価ファンドへの関心が高まる中で、今後のファンド選びにモーニングスターレーティングを活用してほしい。

図表2:モーニングスターレーティング別資金流出入動向

図表2:モーニングスターレーティング別資金流出入動向
※レーティングは2013年5月末及び2019年5月末時点
※国内公募追加型株式投信(確定拠出年金、ファンドラップ向け、ETF除く)が対象
出所:モーニングスター作成

2020年1月 
クローズアップファンド

評価基準日:
2019年11月末時点

評価基準日:2019年11月末時点

明治安田 J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)
『愛称:リート王』

明治安田 J-REIT戦略ファンド
(毎月分配型)『愛称:リート王』

設定・運用:明治安田アセットマネジメント株式会社

<モーニングスターの評価ポイント>
  • 3年トータルリターンは、23カ月連続でカテゴリー内上位25%以内を維持
  • 5年リスクは、21カ月連続でカテゴリー内トップの低さ
  • J-REIT市場が割高な局面では日本国債を組み入れることで、価格下落幅を抑制
明治安田 J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)『愛称 : リート王』
明治安田 J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)『愛称 : リート王』

評価基準日:
2019年11月末時点

評価基準日:2019年11月末時点

新成長株ファンド『愛称:グローイング・カバーズ』

設定・運用:明治安田アセットマネジメント株式会社

<モーニングスターの評価ポイント>
  • 暦年のトータルリターンは、株価上昇局面では6年中5年で小型株指数を上回る。
  • 過去5年間のトータルリターンはカテゴリー内で上位6%、10年間のトータルリターンの推移でも小型株価指数およびカテゴリー平均を上回る傾向が強い。
  • 中小型株ファンドで高い実績を有するエンジェルジャパンの投資助言を受ける。
新成長株ファンド『愛称:グローイング・カバーズ』
新成長株ファンド『愛称:グローイング・カバーズ』
  • この情報は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。又、弊社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。
  • 著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
 
Copyright© Morningstar Japan K.K.All rights reserved.