投資家が今最も注目するホットなNASDAQ!意外と知られていない珠玉のファンドとは?

投資家が今最も注目するホットなNASDAQ!意外と知られていない珠玉のファンドとは?

コロナショックからの戻り局面でいち早く新高値を取ってきたNASDAQ総合指数が投資家の熱い視線を浴びています。関連ファンドには3月以降、大量の資金流入が続き、その上昇ピッチの速さもあって、市場では「行き過ぎ」「バブル」の懸念があることも事実です。

しかし、個別にファンドのパフォーマンスを調べていくと、NASDAQを代表する米国テクノロジー株式ファンドの中で、残高が依然として小さく、スポットライトが当たってないファンドが、実は人気ファンドを凌駕する好パフォーマンスを挙げています。

朝倉が発掘するその良質なファンドとは?

◆過去1年間のパフォーマンス相対比較チャート

図表1:過去1年間のパフォーマンス相対比較チャート

 特に、コロナショック後の立ち直り局面で、パフォーマンスに格差が出ていることに注目されます。

◆過去の運用実績の比較表

図表2:過去の運用実績の比較表
※基準価額、純資産は 2020年10月12日 現在
※トータルリターン等評価情報は 2020年09月30日 現在

 純資産残高では、圧倒的に見劣りする「米国NASDAQオープン」ですが、トータルリターンの実績、および、運用の効率性を示すシャープレシオ(値が大きい方が優秀)の実績では、「netWIN」を上回る成績を残しています。

◆組み入れ上位銘柄リスト

図表2:過去の運用実績の比較表
※2020年1月2日~10月9日までの株価上昇率
※赤文字はNASDAQ構成銘柄の上位10傑以外の銘柄
※組み入れ上位は2020年8月末現在

 組み入れ上位銘柄のリストを比較すると、「米国NASDAQオープン」は、今年年初来の値上がり率が大きかった「ズーム・ビデオ」や「アトラシアン」などの銘柄を上位に位置付け、「netWIN」の上位にある「ビザ」や「テキサスインスツルメンツ」などのパフォーマンスとの格差が目立ちます。上位10銘柄がファンドの実力を全て表しているわけではありませんが、銘柄選定力の一端はうかがえます。

朝倉のプレゼンは、以下のリンクにて
ご確認いただけます。

  • 「米国NASDAQオープンBコース(為替ヘッジなし)」野村アセットマネジメント

    「米国NASDAQオープンBコース(為替ヘッジなし)」
    野村アセットマネジメント

    投資家に人気の高い米国株式ファンド。朝倉が発掘する、「純資産の少ないファンドでも、長期で高いパフォーマンスを上げているファンドは?」

  • 「netWIN GSテクノロジー株式ファンド Bコース(為替ヘッジなし)」ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント

    「netWIN GSテクノロジー株式ファンド Bコース(為替ヘッジなし)」
    ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント

    ポストコロナで益々脚光を浴びるGAFA&Microsoftに投資する「netWIN GSテクノロジー株式ファンド」抜群に運用実績の高いファンドに死角はないのか?朝倉が斬る!

MSへのリンクロゴ

  • この情報は投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。又、弊社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。
  • 著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
Copyright© Morningstar Japan K.K.All rights reserved.