モーニングスター特集 ハピネット榎本誠一社長に聞く 映像事業再編でより一層の成長へさらなる巣ごもり需要拡大が追い風に モーニングスター特集 ハピネット榎本誠一社長に聞く 映像事業再編でより一層の成長へさらなる巣ごもり需要拡大が追い風に

掲載期間:2021年6月4日~2021年7月5日

 ハピネット<7552>がコロナ禍の中でも好業績を達成した。同社は玩具を中心に、映像音楽ソフト、ビデオゲームハード・ソフト、アミューズメント関連商材などの卸売事業を手掛けており、一部事業に巣ごもり需要拡大の好影響があった。巣ごもり需要が今後も続く可能性があり、今期も着実な成長が期待される。同社の現状と今後について榎本誠一社長に聞いた。

21年3月期は連結売上高2,593億1,300万円(前々期比11.1%増)、営業利益42億4,900万円(同65.2%増)で大幅な増収増益を達成しました。

 玩具事業でコンビニエンスストア向け商品の『一番くじ』が好調に推移した上、バンダイの『鬼滅の刃 DX日輪刀』など、コミック、映画が大ブームを引き起こした『鬼滅の刃』の関連玩具がヒットしました。またビデオゲーム事業では、新型コロナによる巣ごもり需要拡大で、『Nintendo Switch』のハードとともに、『あつまれ どうぶつの森』『リングフィットアドベンチャー』など関連ソフトが引き続き好調でした。3月発売の『モンスターハンターライズ』も人気化しています。

写真

株式会社ハピネット
代表取締役社長兼最高執行責任者
榎本 誠一氏

図表:ハピネット(週間足)

  • 期間:2020年6月1日~2021年6月1日
  • 出所:モーニングスター作成

ビデオゲーム事業に巣ごもり需要拡大の好影響があった半面、アミューズメント事業はいかがですか。

 20年4~5月の緊急事態宣言のときはアミューズメント施設の休業や営業時間短縮があり、当社のアミューズメント事業も苦戦しました。同年6月以降は回復しましたが、休業、営業時間短縮の影響は大きく、落ち込みはカバーしきれませんでした。一方、大型商業施設などへ、当社運営のカプセルトイショップ『ガシャココ』の新規出店に取り組んでいます。現在のカプセル玩具はクオリティーが高く、1,000円、1,500円と高額のものもあり、子どもに限らず、大人まで顧客層が広がっています。今期も大型商業施設への出店を進めており、それが今後のアミューズメント事業の拡大につながっていくでしょう。

カプセルトイショップ『ガシャココ』(スマーク伊勢崎店)

映像音楽事業の状況を教えてください。

 前期は映画などの公開や、映像・音楽ソフト発売の延期が相次ぎ、当社事業としても厳しい状況でした。しかし、延期になった映画も順次遅れて公開され、ソフトも発売されていることから、今後、当社事業へ貢献してくるでしょう。また、20年10月には洋画や邦画の配給、企画、製作、宣伝などを行っており、様々なヒット作を手がけてきたファントム・フィルムを子会社化しました。21年4月には当社映像メーカー部門を会社分割し、ファントム・フィルムと合併することで、新会社ハピネットファントム・スタジオを設立しました。当社は以前から邦画、アニメ作品を中心に映画製作事業に注力しています。新会社は映像作品の企画・製作から配給、国内外へ向けたライツやパッケージ販売まで、一気通貫したビジネスを展開することができ、中期的には映像関連事業のより一層の拡大が期待できるでしょう。

22年3月期は連結売上高2,660億円(前期比2.6%増)、営業利益45億円(同5.9%増)で増収増益の見通しです。

 新型コロナの動向は不透明ですが、こうした状況だからこそ巣ごもり需要はさらに拡大することが予想されます。有力ゲームソフトの発売も予定されていることから、ビデオゲーム事業は前期に続いて好調な推移が期待されます。また、『鬼滅の刃』はいまだに映画公開が続いているように、長期的なブームとなっています。6月には映画の映像ソフト発売があり、今年中にはテレビアニメ第2弾が放送される予定なので、今期も関連商品が人気化しそうです。今期以降についても、引き続き玩具、映像音楽、ビデオゲーム、アミューズメントの4本柱に注力し、それぞれ成長を目指します。

MORNINGSTAR
株式会社ハピネット

この資料は投資判断の参考としてモーニングスターが情報提供しております。モーニングスターのレーティング情報は過去のパフォーマンスに基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。著作権、知的所有権等一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar.Incに帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。

広告企画・制作=モーニングスター株式会社

Copyright© Morningstar Japan K.K.All rights reserved.