モーニングスター特集 富裕層の資産活用ニーズを喚起 「プライベート・ウェルス・メンバーズ」提供開始 モーニングスター特集 富裕層の資産活用ニーズを喚起 「プライベート・ウェルス・メンバーズ」提供開始

掲載期間:2021年7月2日~2021年8月2日

 ZUU<4387・M> は主に月間訪問者数400万人を超える金融メディア「ZUU online」など金融メディアプラットフォームの運営を手掛ける。さらに、20年3月には新事業としてファミリーオフィス型の個人資産アドバイザリー・プラットフォーム「プライベート・ウェルス・メンバーズ(β版)」の提供を開始した。これにより、総合的、直接的に金融サービスを提供する体制の構築を進めている。

 ファミリーオフィスとは、欧米で発達した資産運用の形態で、資産を単に管理して殖やすのではなく、後の世代に継承し、ファミリーの永続的な発展に貢献することを目的としたプライベートなアドバイザー組織をいう。国内の資産運用は現状、証券や不動産など伝統的な商品のコマーシャル・チャネルとしてのプライベート・バンクが多く、近年、新しく台頭してきた富裕層のニーズに応えきれていない状況にある。

 同社の「プライベート・ウェルス・メンバーズ」は、ファミリーオフィスをはじめとする欧米諸国の総合的な資産アドバイザリーの考え方を取り入れ、事業や資産の発展に寄与するアドバイザー・チームについて同社と提携する独立系金融アドバイザー(IFA)や会計士、弁護士などの専門家からなる1,000名以上のアドバイザーからテーラーメイドで組閣・編成し、中立的な立場で支援するものという。ターゲットは保有資産5億円以上の超富裕層で、30代~50代の新興型の富裕層も含む。

 「こうした方々はインターネットで情報収集する、いわゆる情報強者が多い半面、投資に割ける時間は長くないため、より早く新しい情報の提供が重要」(原田佑介取締役)。

 その中で、同社は「ZUU online」や、マネー情報サイト「NET MONEY」、経営者向けメディア「THE OWNER」などデジタル・プラットフォームの特性を生かし、「金融に興味関心の高いユーザーコミュニティの形成」「購読履歴データを活用した潜在層の顕在層化」を推進し、全国の超富裕層と、その予備軍を対象にサービス提供を行う。その効果もあり、「手応えは十分」(原田取締役)で、「プライベート・ウェルス・メンバーズ」の資産総額は既に1,000億円を突破した。

 また、他社との提携によるサービス強化にも取り組み、3月にはMILIZE(東京都港区)と資本・業務提携した。MILIZEはAIを活用した売上予測ツール、投資判断ツール、トレーディング支援ツールなど専門性の高いサービスの開発に強みを持つ。この提携により、今後、ユーザーに対し、高度なフィンテックサービスの提供、DX化促進を目指す。

 さらに、「プライベート・ウェルス・メンバーズ」と同時に、「プライベート・ウェルス・コンサルティング」も提供している。同社グループのCOOLが投資助言業のライセンスを保有していることで、同サービスはユーザーのニーズに合った投資助言も視野に入れる。法人経営者、シリアルアントレプレナー、開業医、企業顧問などのユーザーに、他にないサービスとして好評という。

 今後はβ版のユーザーにヒアリングしながら、資産データ登録や管理情報を資産価値向上のアドバイザー・チームとつなぐプラットフォームの開発を進める。また、現在の金融業界の縦割り法制で非効率なサービス提供の改善を目的に、銀行・証券・保険のすべてのサービスをワンストップで提供可能な「金融サービス仲介業」を創設する予定。さらに、こうしたことを通じ、諸外国より遅れているといわれる富裕層の資産活用ニーズを喚起し、ファミリーオフィスの総合サービスを低コストで受けられるデジタル・プラットフォーム・サービスの構築を目指す。

株式会社ZUUのホームページへ>>

お問い合わせ先:pw-members@zuuonline.com

MORNINGSTAR
株式会社ZUU

この資料は投資判断の参考としてモーニングスターが情報提供しております。モーニングスターのレーティング情報は過去のパフォーマンスに基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。著作権、知的所有権等一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar.Incに帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。

広告企画・制作=モーニングスター株式会社

Copyright© Morningstar Japan K.K.All rights reserved.