「グローバルAIファンド」第8弾 約5年で基準価額4万円に到達した「グローバルAIファンド」、今後の成長を左右するAI産業の未来は明るいのか? 「グローバルAIファンド」第8弾 約5年で基準価額4万円に到達した「グローバルAIファンド」、今後の成長を左右するAI産業の未来は明るいのか?

掲載期間:2021年11月12日~2021年12月14日

モーニングスターアワード ファンド オブ ザ イヤー2020
最優秀ファンド賞(国際株式型(特定地域) 部門)受賞
※受賞はグローバルAIファンド(為替ヘッジあり)のみです。受賞についての詳細は末尾をご覧ください。

三井住友DSアセットマネジメントが設定・運用する「グローバルAIファンド」(以下、当ファンド)の2021年初から10月末までのトータルリターン(税引前分配金再投資基準価額ベース)は、26.0%と、2020年のトータルリターン(同)の86.9%に続いて好調を維持している。2020年と比較すると2021年のパフォーマンスは鈍化したようにみえるが、今後の見通しをどのように考えればよいのだろうか。三井住友DSアセットマネジメントの今井拓見氏、当ファンドを実質的に運用するアリアンツ・グローバル・インベスターズ(以下、アリアンツGI)の滝沢圭氏と井村真也氏に、今後のAI産業の展望と当ファンドの運用の見通し等について聞いた。

当ファンドの設定来の基準価額と純資産総額の推移
(2016年9月9日(設定日)~2021年10月29日)

当ファンドの設定来の基準価額と純資産総額の推移<br>(2016年9月9日(設定日)~2021年10月29日)
(注1) 基準価額、税引前分配金再投資基準価額は、1万口当たり、信託報酬控除後です。
(注2) 税引前分配金再投資基準価額は、分配金(税引前)を分配時に再投資したものと仮定して計算しており、実際の基準価額とは異なります。
  • ※上記は過去の実績であり、当ファンドの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
  • ※ファンド購入時には、購入時手数料がかかる場合があります。また、換金時にも費用・税金などがかかる場合があります。詳しくは巻末のファンドの費用等および投資信託説明書
    (交付目論見書)をご覧ください。

――米国でテーパリング(量的緩和政策の縮小)が間近となり、株式市場が転機を迎えているように感じられます。当ファンドの運用チームは現状をどのようにみているのでしょう?

滝沢氏:
コロナショック以降、金融緩和やデジタル・トランスフォーメーションの進展期待などにより株価が大きく上昇した当ファンドの投資対象銘柄が、2021年にある程度調整したことは想定の範囲内の動きであり、むしろ、急ピッチで上昇していた株価が落ち着いたことで、良い投資のチャンスが得られたと考えています。
たとえば、マザーファンドのポートフォリオの1年後予想PERは2021年9月末現在で約33倍です。これは、同時点で過去1年平均の約39倍や、過去3年平均の35倍よりも低い水準です。株価が緩やかな上昇にとどまるなかで、好調な業績が継続していることでバリュエーションの面で魅力的な水準になっています。
今井氏:
2020年までは、金融相場で何に投資しても株価が上がり、米国株式に投資するのであれば、NASDAQ100などのインデックスに投資すれば十分に良いパフォーマンスが獲得できた状況でした。しかし、米国の金融政策が正常化に動き、金利上昇局面に移行すると、成長を続けられる企業を選んで投資する選択眼がパフォーマンスを左右します。これからが、アクティブ運用の腕の見せ所と考えています。

――「グローバルAIファンド」が銘柄を選ぶ視点は?

滝沢氏:
当ファンドの特徴でもあるのが、AI(人工知能)に関連する業種(GICS(世界産業分類基準)のセクター分類)を情報技術とコミュニケーション・サービスだけに限定していないということです。たとえば、当ファンド設定当初(2016年10月末時点)の上記以外の業種への投資比率は約17%でしたが、2021年9月末時点では約31%に高まっています。AIが各業界に浸透してきたことから投資範囲が広がっています。
※一般消費財・サービス、資本財・サービス、ヘルスケア、エネルギー、素材、不動産、金融、生活必需品、公益事業の合計
現在の局面は、コロナ禍で中断された旅行や外食やエンタメなどの産業が回復しています。このような中でAIを活用して業績を伸ばしている企業が多くあります。現在のポートフォリオは、GAFAM(アルファベット(グーグル)、アマゾン・ドット・コム、メタ・プラットフォームズ(フェイスブック)、アップル、マイクロソフト)といったビッグ・テックをアンダーウエイトとし、中小型株式やテクノロジー以外の分野で積極的に投資機会を見いだしています。
たとえば、民泊仲介サイト大手の「エアビーアンドビー(Airbnb)」は2020年12月に組入れを開始し、2021年になって保有株数を増やしています。民泊提供者のための宿泊需要と価格設定やゲストのバックグラウンドチェックなどにAIを活用し、非常に良い結果が得られていることを評価しています。

エアビーアンドビー

エアビーアンドビー
(出所) Bloomberg、アリアンツGI
  • ※上記は2021年10月29日現在におけるマザーファンドの保有銘柄であり、当該銘柄を今後も保有するとは限りません。また、当該銘柄を推奨するものではありません。
  • ※上記は過去の実績および当資料作成時点の見通しであり、当シリーズの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。見通しは今後、予告なく変更する
    場合があります。
また、ライドシェアやフードデリバリーを手掛ける「ウーバー・テクノロジーズ(Uber)」は、2021年初めに保有株式を利益確定のために売却しましたが、株価が下落したことで改めて購入しました。

ウーバー・テクノロジーズ

ウーバー・テクノロジーズ
(出所) Bloomberg、アリアンツGI
  • ※上記は2021年10月29日現在におけるマザーファンドの保有銘柄であり、当該銘柄を今後も保有するとは限りません。また、当該銘柄を推奨するものではありません。
  • ※上記は過去の実績であり、当シリーズの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
電気自動車メーカーの「テスラ(TESLA)」は、ポートフォリオの組入比率上位銘柄ですが、2021年7-9月期決算の予想を上回る利益率が話題になりました。運用チームがテスラの組入比率を高く維持している理由が「利益率の改善期待」でした。自動運転ソフトを自社開発し、他のEVメーカーよりも利益率が高く、米テキサスや独ベルリンの新工場も稼働すれば、売上が拡大し、利益も大きく伸びると考えます。今後も業績の上振れ期待があるという見方です。

テスラ

テスラ
(出所) Bloomberg、アリアンツGI
  • ※上記は2021年10月29日現在におけるマザーファンドの保有銘柄であり、当該銘柄を今後も保有するとは限りません。また、当該銘柄を推奨するものではありません。
  • ※上記は過去の実績および当資料作成時点の見通しであり、当シリーズの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。見通しは今後、予告なく変更する
    場合があります。
また、油田サービス会社の「シュルンベルジェ(Schlumberger)」は、再生エネルギーに注力していることから脱炭素関連企業として市場の評価が高まっていますが、当ファンドの運用チームが注目しているのはAIを活用して油田の発掘を効率化するデジタル部門の成長にあります。重厚長大産業の代表とみられがちですが、AIの活用をきっかけに業態が大きく変わりつつあり、今後の成長に期待しています。

シュルンベルジェ

シュルンベルジェ
(出所) Bloomberg、アリアンツGI
  • ※上記は2021年10月29日現在におけるマザーファンドの保有銘柄であり、当該銘柄を今後も保有するとは限りません。また、当該銘柄を推奨するものではありません。
  • ※上記は過去の実績であり、当シリーズの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

――当ファンドは組入銘柄の入替えを常時行っています。これまで高い売買回転率がパフォーマンスに大きく寄与してきましたが、今後も継続できるのでしょうか?

井村氏:
アリアンツ・グローバル・インベスターズの前身であるRCMはマイクロソフトやアップルが創業する以前の1970年にサンフランシスコで創業し、隣接するシリコンバレーのIT企業とは、長年にわたり親しく交流しています。「グローバルAIファンド」の運用チームはこの旧RCMの運用を伝統として引き継いでおり、巨大企業に成長したIT企業の経営陣とも直接会って話ができる関係を築いています。

シリコンバレーの近くで運用を行うアリアンツGI

シリコンバレーの近くで運用を行うアリアンツGI
(注) データは2020年12月末現在(1ユーロ=126.33円換算)
(出所) アリアンツGI、各種資料
また、「グローバルAIファンド」の運用チームの中心メンバーは、テクノロジー株式のロング・ショートの運用経験があります。ウエイト調整やポジションのコントロール経験やノウハウが、現在の機動的な運用に活かされていると思います。

セバスチャン・トーマス氏
当ファンドの運用を実質的に担当する
アリアンツGIのファンドマネージャー

【セバスチャン・トーマス氏経歴】

  • 2003年にアリアンツ・グローバル・インベスターズ入社。グローバルAIファンドのリードファンドマネージャー。グローバル・テクノロジー・チームのメンバーであり、大型・中型のソフトウェアおよびIT企業を担当。
    2006年~2012年テクノロジー株のロング・ショート戦略「テックアルファ」の運用を担当。
  • アリアンツGI入社以前は、Phoenix Investment Partners のRoger Engemann & Associates、Fidelity Management and Research、Morgan Stanley、 Federal Reserve Board of Governorsで勤務。また、ソフトウェア・アプリケーションの設計、開発、運用の経験も有している。
    業界経験は24年。

【学歴、資格】

  • Pomona Collegeで経済学学士号、シカゴ大学にてM.B.A.(財務戦略)を取得。CFA保有。
さらに、RCM時代から行ってきた独自の調査ツール「グラスルーツ・リサーチ(草の根の調査活動)」のネットワークは、業界関係者から実際のユーザーに至る様々な関係者から情報を入手し、現状を客観的に把握する武器になっています。
このように経営者の考えから、ユーザーの反応までの情報を分析した上で、確信をもって投資判断をしています。運用チームは、これからも、投資先に設けた目標株価に対して、その時々の市場環境に合わせた判断を的確に行えると考えます。

組入上位10銘柄(組入銘柄数79)2021年9月末

組入上位10銘柄(組入銘柄数79)2021年9月末
(注1) 「グローバルAIエクイティ・マザーファンド」について、アリアンツGIから提供を受けたデータおよび情報を基に記載。
(注2) 構成比率は、組⼊マザーファンドの純資産総額を100%として計算した値です。
(注3) 業種はGICS(世界産業分類基準)のセクター分類です。

――AIの成長は漠然としていてつかみづらいところがあります。どのような未来が拓けてくるのか、具体的なイメージはありませんか?

今井氏:
三井住友DSアセットマネジメントではWEBセミナーシリーズ「Action 2030」で10年後のワクワクするような未来を展望しています。次回11月30日に開催するセミナーではAIをテーマに取り上げます。題して「AIに未来はあるのか!?」です。AIの成長は、様々な分野で同時に起こっており、MCであるフリーアナウンサーの青木源太さんが、AIの専門家である牛久祥孝さんやSHOWROOM代表の前田裕二さんとAIの未来について語ります。前田さんや牛久さんの話を聞いていると、ワクワクするような未来が拓けてくることがわかります。
「AI」をテーマにした本セミナーには、「グローバルAIファンド」を取り扱う販売会社約60社から協賛の意向をいただき、反響が大きいセミナーになっています。それほど、AIの成長性についての関心は高いと改めて感じました。
当ファンドは、2021年10月29日の基準価額が39,644円、税引前分配金再投資基準価額が41,019円となりました。ここからの値上がりは難しいのではないかという声も聞こえてきます。しかし、AIの成長は、やっと入り口に立ったといえるような状況です。これから数十年にわたって大きな成長が期待される分野であり、長期の資産形成に適したテーマであると考えています。ぜひ、当ファンドを資産形成のコアとなる商品としてご活用ください。

※都合により、プログラムの内容が変更になる場合がございます。
※本セミナーにおいて、当社の投資信託など金融商品の勧誘等をすることがございます。
※セミナーにお申込みいただいた方には三井住友DSアセットマネジメントよりメールマガジンを送付させていただく場合がございます。

  • ※個別銘柄に言及していますが、当該銘柄を推奨するものではありません。
  • ※上記は過去の実績および当資料作成時点の見通しならびに運用方針であり、当シリーズの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。見通しおよび運用方針は今後、予告なく変更する場合があります。
  • ※ファンド購入時には、購入時手数料がかかる場合があります。また、換金時にも費用・税金などがかかる場合があります。詳しくは巻末のファンドの費用等および投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

ファンドの費用等(詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。)

■購入時手数料は、購入価額に3.3%(税抜き3.0%)を上限として、販売会社毎に定める手数料率を乗じた額です。詳しくは販売会社にお問い合わせください。購入時手数料は販売会社によるファンドの募集・販売の取扱い事務等の対価です。■信託財産留保額/ありません。■運用管理費用(信託報酬)は、ファンドの純資産総額に年1.925%(税抜き1.75%)の率を乗じた額とします。運用管理費用(信託報酬)は日々計上され、ファンドの基準価額に反映されます。なお、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日と毎計算期末または信託終了のときに、信託財産から支払われます。
以下のその他の費用・手数料について信託財産からご負担いただきます。●監査法人等に支払われるファンドの監査費用●有価証券の売買時に発生する売買委託手数料●資産を外国で保管する場合の費用等
※上記の費用等については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を示すことができません。
※監査費用の料率等につきましては請求目論見書をご参照ください。
※上記の手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。

ファンドの投資リスク

■当ファンドは、値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。■運用の結果として信託財産に生じた利益および損失は、すべて投資者に帰属します。■投資信託は預貯金と異なります。また、一定の投資成果を保証するものではありません。■当ファンドの主要なリスクは以下の通りです。
◯株式市場リスク、◯信用リスク、◯為替変動リスク、◯カントリーリスク、◯市場流動性リスク等があります。
詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)の投資リスクをご覧ください。当シリーズには、いわゆる毎月分配型のファンドが含まれており、ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)の分配金に関する留意事項をご覧ください。

【重要な注意事項】
下記の点をご理解いただき、投資のご判断はご自身でなさいますようお願い申し上げます。◆当資料は三井住友DSアセットマネジメントが作成した広告であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。◆当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。また、当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。◆当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。◆投資信託は、値動きのある証券(外国証券には為替変動リスクもあります。)に投資しますので、リスクを含む商品であり、運用実績は市場環境等により変動します。したがって元本や利回りが保証されているものではありません。◆投資信託は、預貯金や保険契約と異なり、預金保険・貯金保険・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また登録金融機関でご購入の場合、投資者保護基金の支払対象とはなりません。◆当ファンドの取得のお申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面等の内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。また、当資料に投資信託説明書(交付目論見書)と異なる内容が存在した場合は、最新の投資信託説明書(交付目論見書)が優先します。投資信託説明書(交付目論見書)、目論見書補完書面等は販売会社にご請求ください。◆当資料に掲載されている写真がある場合、写真(顔写真を除く)はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。◆当資料に評価機関等の評価が掲載されている場合、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

【モーニングスター アワード 「ファンド オブ ザ イヤー 2020」について】
Morningstar Award “Fund of the Year 2020”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスターが信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2020年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。国際株式型(特定地域) 部門は、2020年12月末において当該部門に属するファンド718本の中から選考されました。

【設定・運用】

三井住友DSアセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号

加入協会: 一般社団法人投資信託協会、
一般社団法人日本投資顧問業協会、
一般社団法人第二種金融商品取引業協会

受付時間:(土、日、祝休日を除く)9:00~17:00

作成基準日:2021年10月29日

MORNINGSTAR

この資料は投資判断の参考としてモーニングスターが情報提供しております。モーニングスターのレーティング情報は過去のパフォーマンスに基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。著作権、知的所有権等一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar.Incに帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。

広告企画・制作=モーニングスター株式会社

Copyright© Morningstar Japan K.K.All rights reserved.