ピクテの「超分散」マルチアセット運用に迫る

欧州の富裕層が有する
「資産保全」のための資産運用文化

アクティブファンドのリスク管理を徹底追求した50年を超えるマルチアセット運用の歴史を誇る

ピクテの「超分散」
マルチアセット運用に迫る

掲載期間:2022年2月16日~2022年5月15日

資産運用の王道ともいえる「分散投資」。その選択肢のひとつとして、様々な資産クラスに分散を行いつつも、リスクコントロールを行うことで、中長期でリターンを目指す『マルチアセット運用』がある。旧来より、資産運用は「収益を得る」ことだけでなく、インフレヘッジや外部変化から「資産を守る」という考えが海外、特に欧州には昔から根付いている。スイスプライベートバンクとして名を馳せ、2021年11月に日本進出40周年を迎えたピクテ投信は、投資家にどのようなメッセージを伝えるのか。モーニングスターが40周年を記念し徹底特集を行った。