モーニングスターアワード2014

Fund of the Year 2014トップページ債券型部門高金利先進国債券オープン(毎月分配型)『愛称:月桂樹』 > 高金利先進国債券オープン(毎月分配型)『愛称:月桂樹』 受賞ファンドインタビュー

受賞ファンドインタビュー

債券型 部門(対象ファンド:892本)

最優秀ファンド賞
モーニングスター アワード2014

高金利先進国債券オープン(毎月分配型)『愛称:月桂樹』

設定・運用:日興アセットマネジメント株式会社

2014年の債券型部門の最優秀ファンド賞を射止めたのは、運用期間が11年を超える今も取り扱い販売会社が増え続けている『高金利先進国債券オープン(毎月分配型)』(愛称:月桂樹)だ。
経験豊富な運用チームの高い確信に基づく「厳選投資」による安定的なパフォーマンスは、多くの投資家から支持されている。
日興アセットマネジメント ヨーロッパ リミテッド債券運用ヘッド(米国・欧州)のアンドレ・セベリノ氏に運用コンセプトとプロセスを聞いた。

収益性と安定性を兼ね備えた、海外債券ファンドの「ロングセラー」

期待値高い上位5カ国を選択、各国中央銀行の動向にも注目
『高金利先進国債券オープン(毎月分配型)』(愛称:月桂樹)は、幅広い投資家の方々に、長期にわたって資産運用のコア(核)として保有していただけるファンドをつくりたいというコンセプトのもとで開発されました。そのためには、収益性と安定性の双方を兼ね備える必要がありますが、この矛盾する2点をうまく両立させているのが当ファンドと自負しています。

当ファンドでは、信用力の高い先進国のソブリン債を中心に投資を行なうことで一定の安定性を確保しています。また、相対的に高い金利水準にある国を選択することでインカムも期待できます。価値を見出した国に対する高い確信に基づく厳選投資を行なっていることが、当ファンドの運用戦略のポイントです。

投資国は、基本的にファンダメンタルズ情報による定性判断で絞り込みます。ここ数年、債券市場や為替市場では各国の中央銀行の行動に対する研究や予測が非常に重要な要素となってきました。我々は国別の分析が終了すると、金利と為替に対する期待値を計算し、相対的なバリュエーション(割安度)分析などで上位5カ国を選択します。各国への投資比率は、流動性や信用力、金利や為替の方向性の分析などをもとにした相対的魅力をふまえ、利回りと安定した分配原資の確保を重視して決定します。

2014年の運用実績に大きく貢献したのがニュージーランドです。同国経済は、政府が前回のリセッションの後に行なった財政再建策によって改善の兆しを見せていました。中央銀行が、これまでの低金利政策から金融政策を通常に戻したこともあり、通貨が下支えされました。

日興アセットマネジメント ヨーロッパ リミテッド 債券運用ヘッド(米国・欧州)
アンドレ・セベリノ 氏


様々な局面を乗り越えた「ロングセラー」商品
当ファンドには、様々な投資環境を乗り越えてきた、11年以上の運用実績があります。2008年のリーマン・ショック時には通貨下落を見越してアメリカに投資を行ない、また、2009年にはアメリカの投資比率を引き下げ、オーストラリアを引き上げました。

この結果、オーストラリア経済の継続的な成長を捉えることができました。2013年からは景気回復基調の高まりを受けて、再びアメリカの投資比率を高めています。こうしたファンドマネジャーおよびアナリストの豊富な経験は、運用体制における強みとなっています。また、グローバルに展開する他地域の債券運用チームとも定期的に情報交換を行ない、担当地域の専門家が持つより深い知識を運用に役立てています。

長期で安定的なパフォーマンスをあげながら残高を増やしている当ファンドは、まさに「ロングセラー」と呼べる商品だと考えています。

(取材・作成:モーニングスター)

基準価額と純資産総額の推移(2003年8月5日(設定日)〜2015年1月30日)

※基準価額は、運用管理費用(信託報酬)控除後の1万口当たりの値です。
※分配金込基準価額は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算した理論上のものであることにご留意ください。
※ファンドの運用実績はあくまで過去の実績であり、将来の運用成果を約束するものではありません。

選定ポイント

2014年のトータルリターンは16.44%となり、類似ファンド分類平均を3.96%上回った。暦年のトータルリターンを見ると、2014年までの過去10年間のうち、8年間で類似ファンド分類平均を上回る圧勝となっている。純資産残高は2014年12月末時点で4,577億円、過去1年の純資金流入額は927億円と、いずれも類似ファンド分類内の第1位で、人気と実力を兼ね備えたファンドといえる。

モーニングスターによる評価は、過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果などを保証するものではありません。