モーニングスターアワード2014

Fund of the Year 2014トップページ債券型部門短期豪ドル債オープン(毎月分配型) > 短期豪ドル債オープン(毎月分配型) 受賞ファンドインタビュー

受賞ファンドインタビュー

債券型 部門(対象ファンド:892本)

優秀ファンド賞
モーニングスター アワード2014

短期豪ドル債オープン(毎月分配型)

設定・運用:大和住銀投信投資顧問株式会社

2003年4月の設定来、運用環境がめまぐるしく変化する中、継続的に安定したパフォーマンスを実現しているのが『短期豪ドル債オープン(毎月分配型)』だ。
「ブレない投資スタイル」と「タイムリーな銘柄選択」をベースに豪ドル債の短期金利収入を積み上げる商品設計は多くの投資家から親しまれている。
外国債券運用部シニア・ファンドマネージャーの石出好貞氏に、ファンド運用に対するこだわりと2014年の運用の軌跡を聞いた。

タイムリーな銘柄選択で豪ドル債の短期金利収入を狙う

11年間のトータルリターンは118.28%と長期安定運用
『短期豪ドル債オープン(毎月分配型)』は、資源国として高い経済成長が期待されるオーストラリアの豪ドル建ての公社債などに投資します。当ファンドは2003年4月設定のため運用期間は11年を超えました。この間、リーマン・ショックや欧州債務問題、最近では原油価格急落など、運用環境はめまぐるしく変化しましたが、設定来のトータルリターンは118・28%、分配金の累計額は1万円を超えています(2014年12月末時点)。

当ファンドはオーストラリアと日本の金利差に着目し、その金利収入などを運用成果として投資家のみなさまに還元することを目指しています。安定したパフォーマンスの実現の背景には、「ブレない投資スタイル」と「タイムリーな銘柄選択」があります。

「投資スタイル」では、設定来、債券価格の変動リスクや信用リスクなどを抑える長期安定運用を心がけています。債券価格の変動要因を測る指標に「デュレーション(金利変動に対する債券価格の変動性。単位は「年」)」があります。当ファンドは、組み入れ債券の平均デュレーションを1年未満として金利変動リスクを抑制しています。

信用リスクの軽減策としては、取得時の格付けがシングルA以上の債券に投資しています。現在はトリプルAの債券を中心に、ダブルAの債券を20〜30%の構成比率で組み入れています。

大和住銀投信投資顧問株式会社
外国債券運用部
シニア・ファンドマネージャー
石出 好貞 氏


信用リスクが限定的な社債「カバードボンド」も活用
第2の「タイムリーな銘柄選択」は、近年の低金利環境下でますます重要度が増しています。豪ドル債市場では3年前からカバードボンドと呼ばれる担保付高格付け社債が発行されています。例えば、オーストラリアの金融機関が住宅ローン債権などを担保に発行しているカバードボンドは、信用リスクが限定的な上に国債より高めの利回りが安定的に狙えます。

当ファンドの2014年のパフォーマンスを振り返ると、前半は短期金利の上昇を受けた変動利付債の利息収入が、そして年間を通じては国債との信用スプレッド(利回り格差)縮小による社債価格の上昇がプラスに寄与しました。「社債の高パフォーマンスはしばらく続くだろう」と見て、カバードボンドを含む社債の組み入れ比率を高めに維持したことで、スプレッドの縮小⇒社債価格の上昇の波を捉えることができました。社債は今後も当ファンドの収益の源泉として注目していきます。

社債の発行体である企業の信用リスク把握などのため、私も年に数回は現地に出張し、最新のオーストラリア経済を自らの目で確認します。これからも「リスクを抑えながら短期金利収入を積み上げる」ファンドとして、投資初心者から経験者まで多くの方にご活用いただきたいと思います。

(取材・作成:モーニングスター)

基準価額の推移(期間:2003年4月18日〜2014年12月30日)

※期間は設定日(2003年4月18日)前営業日から2014年12月30日まで
※設定日前営業日=10,000円
※分配金再投資基準価額及び騰落率は、信託報酬控除後の基準価額に対して、税引前分配金を決算日に再投資した修正基準価額をもとに算出、表示 ※騰落率は実際の投資家利回りとは異なります
※分配金は1万口あたりの金額(税引前)
※分配金累計額は各年12月末時点
(出所)大和住銀投信投資顧問

選定ポイント

2014年のトータルリターンは7.88%となり、類似ファンド分類平均を1.79%上回った。過去10年の暦年のトータルリターンでは、8年間で類似ファンド分類平均を上回り、そのうち4年間は同分類内で第1位。同じく暦年のシャープレシオでは、過去10年でトータルリターンがプラスの8年間のうち6年間で類似ファンド分類平均を上回り、長期でもリスクを抑えながら高いリターンを達成している。

モーニングスターによる評価は、過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果などを保証するものではありません。